2013年01月05日

就職試験での適性検査について

最近は、適性検査を就職試験の一つとして実施する会社が増えています。適性検査で何を会社側は知りたいと思っているのでしょう。200問ほどの質問に答えてもらうSPIという適性検査が、就職試験では利用されます。物事をどのように考えるタイプか、感情的か理性的かなどがわかる検査であり、仕事との相性や長く続けていくことができるかなどを調べます。正しい答えというものは適性検査には存在しませんが、企業が好む回答というものはあるようです。会社側がどのような答えを期待して適性検査をしているにしろ、この答えが良いという方向性は一般的にはありません。SPEの問題集も書店などて販売されていますが、自分に正直に書くことが大前提だという参考書もあるといいます。ある意味では、適性試験とは求職者がどんな人かを知る手がかりになるという以上のものではありません。正確適性検査では、行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライスケールに分けてどんな人物かを表します。仕事への熱意が高く、常に高いモチベーションを有しているかが行動的側面と意欲的側面に現れます。情緒的側面では、感情の振幅幅が激しすぎないか、安定しているかの判断ができます。最後に、適性検査にありのままを答えているかがライフスケールでわかります。就職試験に適意検査が含まれているかは、試験を受けに行くまでわからない場合もありますが、できるだけ対処はできるようにしておきましょう。
posted by マナブ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311648219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。